町の名所 〜谷中初音町名所案内〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡倉天心記念公園

岡倉天心記念公園

日本美術院歌の石碑

日本美術院歌の石碑

六阿弥陀みち

六阿弥陀みち

みしま地蔵尊

みしま地蔵尊

宗林寺

宗林寺

蛍坂

蛍坂

外部リンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2015 Yanaka Hatsushi Chokai All Rights Reserved.

六阿弥陀みち

江戸時代の中頃には、七福神めぐり、六地蔵まいりなど多くの民間信仰が大変はやりました。その中でも六阿弥陀参りは人気のある寺院めぐりだったそうです。 行基菩薩が紀州熊野の大杉で刻んだといわれる 六体の阿弥陀像と木余り、木残りと言われる阿弥陀像の計八体の阿弥陀像を祀るお寺を、彼岸のころ多くの人がぞろぞろと列をなしてお参りして回っていました。全部を回るとおよそ五里半(約22キロ)あり、高齢者にはキツイが、江戸の人々には一日で歩けない距離ではなかったそうです。 この道は、四番 田端(北区)の与楽寺から五番下谷広小路(台東区)の常楽寺へ行く道で、明治の中頃まで両側は田圃や畑でした。