町の名所 〜谷中初音町名所案内〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡倉天心記念公園

岡倉天心記念公園

日本美術院歌の石碑

日本美術院歌の石碑

六阿弥陀みち

六阿弥陀みち

みしま地蔵尊

みしま地蔵尊

宗林寺

宗林寺

蛍坂

蛍坂

外部リンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2015 Yanaka Hatsushi Chokai All Rights Reserved.

岡倉天心記念公園

この公園は、岡倉天心が東京美術学校校長時代の明治30(1897)年から明治39(1906)年に茨城県北茨城市の五浦に移るまで住んだ旧居跡で、天心がここで日本美術院を創設しました。 正面に岡倉天心が五浦に建設した六角堂を模した天心記念六角堂があります。中には天心を心から尊敬した文化勲章受章者の平櫛田中作の「岡倉天心先生座像」が安置されています。座像は、天心が東京美術学校の制服として定めた、奈良時代の役人のような服装をして僕頭(ぼくとう)を被った、変わった格好をしています。この格好でここから歩いても20分ほどで行ける上野の東京美術学校まで愛馬「若草」号に乗って通っていました。 明治31(1898)年3月に美術学校の紛争で校長職を辞職しますと、天心宅であったこの地に日本美術院を創設し、多くの画家などを育成しました。門下生からは、日本画の横山大観・下村観山・菱田春草・木村武山、鋳金家の岡崎雪声、彫刻家の平櫛田中など大勢の芸術の大家が輩出しました。 なお、この六角堂は、10月に行われる「谷中まつり」の期間中10時から16時の間だけ扉を開いて、写真のようにじかに見ることができます。

Go to link